性能の見える化

『性能の見える化』を図っています

当社では、住宅の性能がひと目でわかる『設計住宅性能評価書』を発行しています。
大半の建築会社は『設計性能評価』や『長期優良住宅』について、第三者機関に建築基準法以上の申請をせずに、自社の基準のみで判断を行っています。耐震等級3相当や長期優良住宅仕様などといっても、公的申請を怠っているため、その根拠がありません。当社では国が認めた第三者機関に申請を行うことで『性能の見える化』を図っています。


■こちらが『設計住宅性能評価書』です



住宅の性能の良し悪しをお客様の目で判断するのは難しいものです。
当社では、必ず第三者機関による住宅性能のチェックを行い、耐震性、劣化対策、維持管理対策、省エネ対策などの性能証明書である『設計住宅性能評価書』を発行しています。『長期優良住宅』を証明すると同時に、アフターメンテナンス時にも役立ち、これからの長い生活を支える大切な評価書となっています。

『長期優良住宅』について詳しくはこちらをご覧ください。




当社の性能評価住宅の建築基準




目指す品質

快適な住まいを提供するために品質には妥協しません。
皆さんに知ってもらいたい住宅へのこだわりがあります。


省エネ : 次世代省エネルギー基準で最高等級4を実現。
高い断熱性能が、夏は涼しく冬は暖かい快適な空間をつくります。

長持ち : 認定「長期優良住宅」を採用。アフターメンテナンスをしっかりすれば
百年先まで住める、そんな家を目指しています。

耐 震 : 耐震性能は、最高レベルの等級3で抜群の安心感です。
地震保険も50%の割引になり、家計にもやさしい住まいです。

健 康 : 天然木の床をはじめ、可能な限り自然素材の建材を使用。
乳幼児から高齢者まで家族みんなの健康に配慮します。

美しい : 機能だけでなくデザイン性にもこだわっています。
外観、内観ともにセンス良くまとめて住む人の感性を刺激します。





省エネルギーの見える化

次世代エネルギー基準を上回る断熱性能は光熱費がこんなにお得

コウエイハウジングの基準 UA値0.6以下

※省エネルギー対策等級の最高水準である等級4のUA値は0.87
※ゼロ・エネルギー住宅かどうかに関わらず、当社は住まいの断熱性能を一邸一邸
計算しており、当社平均の数値はUA値0.58となります。

※間取りや開口面積により数値は異なります。
全ての家が達成できる基準ではありません。



住まい全体の断熱性能によって決まる省エネルギー対策等級。コウエイハウジングは最高等級4以上、ZEHの基準となるUA値(断熱性能を測る指標)0.6以下を基準に提案しています。この高い断熱性能が、夏は涼しく冬は暖かい快適な空間を作り出しているのです。さらにこれらの仕様は、結露やダニ、カビが発生しにくく、冷暖房費の削減にもつながっています。また気密対策にも力を入れています。











PageTop