耐震と制振

「性能評価」耐震性・耐震等級3(最高等級)

「住宅の品質確保の促進等に関する法律」にもとづき住宅の性能を評価するための基準や手続きが定められています。「住宅性能表示制度」のうち「住宅型式性能認定」を当社は取得していて、「性能評価」の耐震性・耐震等級3(最高等級)を実現しています。
耐震等級3とは、数百年に一度程度発生する地震による力の1.5倍の力に対して、倒壊、崩壊等しない程度を想定しています。大規模な地震の後も、構造躯体の必要な補修をすることにより、使用を継続できることを基準にしています。

「住宅型式性能認定」取得について徳島新聞に掲載されました。



地震や台風に強い剛床

確法の必要基準値を超える厚さ28mmの構造用合板は局部的な重さに対してもたわまない強さと、地震や台風などの外力に対し壁と一緒に支える剛性を実現します。



強風にも強い耐風性

「性能評価」の耐風等級2(最高等級)を実現しています。暴風雨に対する構造躯体の倒壊・崩壊のしにくさ、損傷(軽微なものをのぞく)の生じにくさが評価されます。





KブレースU

地震の揺れに耐える「耐震」×
揺れを吸収し損傷を軽減する「制振」。


家族と家を守ります

最強の耐力壁として大臣認定を取得。壁倍率5倍を有し建物の倒壊、変形を抑えます。
家の揺れを抑止する強力な制振効果があり、ダンパー部分が揺れを吸収して構造を守ります。強い地震があったときも、家具等が転倒しにくく、安全性を高めます。
繰り返し起こる地震にも強く、家の揺れを小さくしてくれます。




制振にかける想い

先ごろから頻発している巨大地震から大切な家族を守るためにできることは何か。それは家に十分な強さを持たせることだけではなく、建物の揺れを抑える「制振」性能を持たせること。揺れを抑え、建物の損傷を軽減させ、安全を確保すること。このような想いから家族も建物も財産も守る制振装置「KブレースU」を開発しました。


PageTop